忍者ブログ

フォーミュラE+

Home > 日産 nismo フォーミュラE

日産、フォーミュラEへのデビューに向けカウントダウン開始!

日産、世界12都市で開催されるフォーミュラE第5シーズンに参戦
日産

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川 廣人)は、4大陸12都市で開催されるABB FIA フォーミュラE選手権の第5シーズン(2018~19年シーズン)に参戦します。
今シーズンは、12月のサウジアラビアを皮切りに7月のニューヨークまで、12都市で13レースが開催されます。
それ以外にベルリン、香港、マラケシュ、モロッコ、メキシコシティ、モナコ、パリ、ローマ、チューリヒでレースが開催され、中国(都市名は未発表)でも3月23日にレースが行われます。

世界で最も販売台数の多い電気自動車「日産リーフ」を販売する日産は、「ニッサン インテリジェント モビリティ」戦略を訴求する場として、この電気自動車レースを活用します。
「ニッサン インテリジェント モビリティ」戦略は、クルマがエネルギーをどのように使い、どのように走るのか、そして社会とどのようにつながっていくのかということを再定義することで、日産車をより魅力的なクルマにするアプローチです。
日産は2022年度までに、電気自動車(EV)とe-POWER搭載車を含めた電動駆動車を年間100万台販売することを目指しています。

日産は昨年の東京モーターショーでフォーミュラEへの参戦を発表し、今年3月にはジュネーブモーターショーでフォーミュラE参戦マシンのカラーリングを発表しました。

「電気自動車が市街地を走行するのに適した都市がレースの開催地として選ばれており、見所が満載です。これこそがフォーミュラEの素晴らしいところです。フォーミュラEでは電気自動車を身近に感じてもらうことができます。都心から離れたサーキットではなく、毎日ファンの皆さんが「日産リーフ」で走行している道で、レースが行われるのです」と日産グローバルモータースポーツダイレクターのマイケル・カルカモは述べました。

また、今回のシーズンでは、第二世代となる新型のフォーミュラEマシンに加え、画期的で新たなレースフォーマットも導入されます。
第二世代のフォーミュラEマシンは、過去のシーズンのようにレースの途中で車両を乗り換える必要がありません。
レース中は200キロワットで走行し、アクティベーション・ゾーンを走行する際には225キロワットまで出力をあげられます。
アクティベーション・ゾーンは、現地で観戦するファンだけでなく、オンラインやテレビで観戦するファンにも分かるようコース上に表示されます。

コックピットを保護する「ハロ」デバイス上にLEDライトが点灯し、2種類のパワーモードのどちらを使用しているか識別できます。
さらにファンは、「ファンブースト」システムを使って好きなドライバーに投票でき、上位3人は一定時間、通常より多い最大出力250キロワットの電気を使用できます。

過去のシーズンでは決められた周回数のレースを競っていましたが、第5シーズンは45分+1周でレースを競います。

2018-19年 ABBフォーミュラE選手権

1. アド・ディルイーヤ*(サウジアラビア)、2018年12月15日
2. マラケシュ(モロッコ)、2019年1月12日
3. 未発表(未発表)、2019年1月26日
4. メキシコシティ、2019年2月16日
5. 香港、2019年3月10日
6. 未発表(中国)、2019年3月23日
7. ローマ、2019年4月13日
8. パリ、2019年4月27日
9. モナコ*、2019年5月11日
10. ベルリン、2019年5月25日
11. チューリヒ**、2019年6月9日
12. ニューヨーク、2019年7月13日
13. ニューヨーク、2019年7月14日
*サーキットの承認待ち
** サーキットの承認および開催都市の許可待ち

    
    
PR

日産フォーミュラEマシン公開【動画】

Nissan Formula E: The next generation of excitement

    
    

日産自動車、フォーミュラEマシンのカラーリングコンセプトを公開

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川 廣人)は6日、ジュネーブモーターショーにおいて、ABB FIAフォーミュラE選手権に参戦するレースマシンのカラーリングコンセプトを初公開しました。同社は、昨年の東京モーターショーで、2018年12月に開始する予定のシーズン5より、フォーミュラE選手権に参戦すると発表しています。
フォーミュラE
今回公開したフォーミュラEマシンのカラーリングは、日本にある日産グローバルデザイン本部が担当しました。このフォーミュラEマシンは、最新のバッテリーやパワートレインのパッケージを採用しており、優れた空力性能が特長です。

日産のグローバルデザインを担当する専務執行役員アルフォンソ アルバイサは、「デザインチームは、シーズン5用のフォーミュラEマシンを一目見て、あたかも電動の鳥が超音速で飛んでいるようだ、と感じました。空気抵抗と重力から自由になるというデザインコンセプトは、この第一印象から生まれています。フォーミュラEのマシンは実際非常に静かで、それでいて爆発的なスピードを出します。そのため、カラーデザインをする際に、ドップラー効果に留意したのは自然な成り行きでした。このドップラー効果の超音波パルスと、ソニックブームから発せられるパワーのコンビネーションは、日産のフォーミュラE参戦をより勢いづけています。」と述べました。

なお、今回のマシンは新しいパワートレインのパッケージを採用したことで、さらなるパワーと航続距離を実現しており、シーズン4まで行われていたレース中の車両交換の必要がなくなります。

日産のチーフ・パフォーマンス・オフィサー(CPO)であるホセ ムニョスは、「これまでに、『日産リーフ』は世界中で累計40億キロ以上をゼロ・エミッションで走行しました*1。日産は電気自動車の先駆者であることに誇りを持ち、そして今、これまで培ってきた知見をモータースポーツに活かしたいと考えています。新しいフォーミュラEマシンが、今朝から一般にライブ公開されています。私たちは、レースデビューに向けて、マシンのカラーリングコンセプトを公開することにとてもワクワクしています。日産にとってフォーミュラEは、EV技術の重要な開発プラットフォームの一つであり、世界の主要都市の中心部でレースができることから、『ニッサン インテリジェント モビリティ』を紹介するのに最適のクルマと言えるでしょう。」と述べました。

「ニッサン インテリジェント モビリティ」は、クルマがエネルギーをどのように使い、どのように走るのか、そして社会とどのようにつながっていくのかということを再定義するための日産のアプローチです。

本日カラーリングコンセプトを公開した日産のフォーミュラEマシンはレースデビューに備え、これまで数か月にわたり、新しい技術パッケージの開発を進めてきています。

日産のグローバルモータースポーツダイレクターのマイケル カルカモは、「日産は、電気自動車技術に関する多くの知見を市販車だけでなく、レースの世界にも投入していきます。フォーミュラE選手権の競争レベルは高まり続けており、私たちはフォーミュラEならではの様々な開発上のチャレンジも楽しみにしています。日産は他のメーカーと同様に、シーズン5から一新されるマシン、バッテリー、パワートレインのパッケージで参戦します。」と述べました。

日産は、競争力向上のためにコラボレーションとシナジーの最大化に重点を置くルノー・日産自動車・三菱自動車のアライアンスを活用し、ルノーのこれまでの知見と技術を活用するべく取り組んでいます。

フォーミュラE選手権のシーズン5は、香港、ベルリン、チューリッヒ、ローマ、ニューヨークなど世界の主要都市で開催される予定です。日産はフォーミュラE参戦に向け、ドライバーや技術パートナー、マーケティングパートナーなどに関する詳細を今年後半に発表する予定です。

1日産のグローバルデータセンター(GDC)の推定値による。「日産リーフ」が世界中で走行した総距離は、NissanConnect EVに登録されている車両(グローバルで販売された台数の約半数)から集めたデータに基づいた推定値。

【日産自動車ニュースリリースから】

    
    

【日産自動車ニュースリリース】高星明誠がフォーミュラEのルーキーテストに参加

高星明誠がフォーミュラEのルーキーテストに参加
高星明誠
日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川 廣人 以下、日産)およびニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社(本社:神奈川県横浜市鶴見区、社長:片桐 隆夫 以下、ニスモ)は13日、日産/ニスモ契約ドライバーで2017年全日本F3選手権チャンピオンの高星明誠が14日にマラケシュ(モロッコ)で行われるFIAフォーミュラE選手権のルーキーテストに参加すると発表しました。

日産/ニスモは、2018年後半に開幕するシーズン5から、日系自動車メーカーとして初めて電気自動車フォーミュラカーレース「FIAフォーミュラE選手権」に参戦します。今回、その準備を進めるにあたり、アライアンスパートナーのルノーとトップチームのe.damsの協力を得て、高星がルーキーテストに参加します。

高星は、昨年の全日本F3選手権で20戦中7勝を挙げ、11回のファステストラップを刻むなど、目覚ましい活躍を見せました。また、2017年はSUPER GTのGT300クラスにNISSAN GT-R NISMO GT3で出場しました。

拡大を続けるフォーミュラEシリーズに参戦することで、日産は、クルマがエネルギーをどのように使い、どのように走り、そして社会とどのようにつながっていくのか、という3つの柱から成る同社の「ニッサン インテリジェント モビリティ」のメッセージを世界中に広めるためのグローバルプラットフォームを得ることになります。

「フォーミュラEに乗るチャンスをくれた日産、ニスモ、ルノー e.damsチームに感謝します」と高星は述べました。「ルーキーテストは今からとても楽しみですし、レーシングカーと電気自動車の組合せがどんなものなのか、とても興味があります。世界戦ということでドライバー、テクノロジーがとてもハイレベルなシリーズだと思うので、色々な事を感じて吸収してきたいと思います」

高星は2013年、全日本F3選手権にデビューし、1年目にしてナショナルクラスのチャンピオンとなりました。日産車では、2015年にSUPER GT GT300クラスに参戦し、2016年にはブランパンGTシリーズに出場。ニュルブルクリンクで行われたレースでは表彰台を獲得するなど、ヨーロッパでのレースを経験しました。

また、同じ年、けがで欠場した千代勝正に代わってSUPER GT GT500クラスデビューを果たし、ベテランの本山哲とともに鈴鹿戦で表彰台に乗っています。

「今回、テストの機会を提供してくれたルノーとe.damsチームに感謝します」とニスモ社長の片桐隆夫はコメントしました。

「高星選手にとっては、初めて乗るレースカーで、さらに初めての環境でのドライビングとなり、チャレンジの多いテストになりますが、この経験は間違いなく高星選手の成長につながることと思います。ニスモドライバーの代表として力を発揮し、参戦に向けた準備やデータ収集に貢献してくれることを期待しています」

    
    

日産のフォーミュラE参戦発表に「非常に喜ばしい」とディ・グラッシ

ディ・グラッシはモータースポーツにおける日本の重要性を説き、日系のメーカーやドライバーの参戦、そして日本開催を望んでいると語る。
日産は東京モーターショー2017で行われたプレスカンファレンスで、フォーミュラE参戦をシーズン5(2018/19年)より開始することをサプライズで発表した。
その発表では活動の詳細は明かされなかったものの、のちにルノーはF1にリソースを集中させるためフォーミュラEをシーズン4(2017/18年)限りで撤退することを発表。
その活動はアライアンスパートナーである日産に引き継がれるものとみられる。

ルーカス・ディ・グラッシ
私は3つのことが必要だと思います。
それは日本のメーカーがフォーミュラEに参加すること、日本人ドライバーが参戦すること、さらに日本でフォーミュラEを開催することです。
これらは全てフォーミュラEにとって良いことです。
日本は世界のモータースポーツにおいて重要な立ち位置にありますから、日本のメーカーやドライバーが参戦してくれるということは非常に喜ばしいことです。
日本人ドライバーといえば、1戦だけですが佐藤琢磨がフォーミュラEレースに参加してくれたということは良かったと思っています。
さらに日本にはまだ若い優秀なドライバーがいると思いますので、もしかしたら日産から日本人ドライバーが参加してくれることになるかもしれない。
そうだとしたらそれはとても良いことだと思います。
何度も言いますが、日本でレース開催が実現すると嬉しいです。

さらにディ・グラッシは六本木、渋谷、丸の内が大好きだと顔を綻ばせ、開催されるとしたらまずは東京でレースをしたいと何度も強調していた。

是非とも東京でしたいですね。六本木や渋谷など、レースを開催できそうなところはいくらでもあると思います。
日本で開催されるとしたらまずは東京でやりたいです。

これまで様々な角度からフォーミュラEを見てきたディ・グラッシ。
シリーズの将来に対する展望は明るい。

これからより多くのレースできるようになり、より速いクルマが台頭してくると思います。
これまでもカレンダー上のレースが増え、参戦しているメーカーやパートナーも増加しています。
参加者が増えていることが、シリーズの成長に繋がっているのだと思います。
次で4年目ですが、かなりのペースで成長していると思います。
3年前、"フォーミュラEはこれだけの規模になる"と私が言っても、誰も信じなかったでしょう。
実際にフォーミュラEが立ち上げられたとき、みんな笑っていました。"こんなのうまく行くわけがない"と。
しかし今では"10"のマニファクチャラーが参戦し、パートナーやOEMなど多くの企業が参加し、シリーズに投資を続けています。
これは実際に開発された技術を一般の市場で適応することができるというシリーズの有益性を実証しています。
だからここまで成長してこれたのだと思います。
しかしフォーミュラEの伸び代はまだあると確信しています。

    
    

日産自動車ニュースリリースから

日産自動車、2018~2019年シーズンからフォーミュラEに参戦
日産nismo
日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:西川 廣人)は25日、2018年より、日系自動車メーカーとして初めて、電気自動車フォーミュラカーレース「FIAフォーミュラE選手権」に参戦することを発表しました。

拡大を続けるフォーミュラEシリーズに参戦することで、日産は、クルマがエネルギーをどのように使い、どのように走り、そして社会とどのようにつながっていくのか、という3つの柱から成る同社の「ニッサン インテリジェント モビリティ」のメッセージを世界中に広めるためのグローバルプラットフォームを得ることになります。

「力強い加速や高い操縦性など電気自動車ならではの運転する楽しさを究極の形で伝えるため、日産は世界初のEVレースであるフォーミュラE選手権に参戦します。長いモータースポーツの歴史を持つ日産が日系自動車メーカーとして初めて、同選手権に参加することは、『ニッサン インテリジェント モビリティ』を次世代のレースファンに伝えるグローバルプラットフォームを得たということです。」と、日産のグローバルマーケティング&セールス、ゼロエミッションビークル、バッテリービジネス、MC-Japan/A&O (日本・アジア・オセアニア事業)担当副社長のダニエレ スキラッチは述べました。

日産は、先月、新型「日産リーフ」を発表し、量産ゼロ・エミッション車におけるトップブランドの地位をさらに強固にしました。同車は、5ドア100%電気自動車の第2世代として、運転支援機能を含む革新技術を搭載しています。

新型「日産リーフ」の初代モデルは、手頃な価格のゼロ・エミッションモビリティの草分けとして2010年に発売されました。同車は、グローバルで累計28万台以上を販売し、世界で最も売れている電気自動車となっています。排出ガスを一切出さない「日産リーフ」の累計走行距離は35億キロを超えています。

スキラッチは、「日産のDNAには、電動モビリティの技術革新における豊富な経験だけでなく、モータースポーツにおける長い成功の歴史があります。この2つの重要な要素を持つフォーミュラEに参戦することは、当社にとって自然なことです。」と付け加えました。

2014年に開幕したFIAフォーミュラE選手権は、さまざまなチームやメーカーが世界各地の大都市に設置されたストーリトサーキットで、100%電動パワートレインの性能を競い合うグローバルレースです。

「日産の選手権への参加は、フォーミュラEにとって記念すべきことです。なぜならば、フォーミュラEは新しいメンバーを得ると同時に、日系メーカーの初参戦により、電動化がグローバルな流れであることを証明するからです。日本は最新技術開発の最前線であると共に、フォーミュラEのファンがたくさんいます。持続可能なモビリティへの変化は、進行中であり、これからも続くでしょう。私は、日産ロゴを付けたマシンを第5シーズンから見ることを楽しみにしています。」とフォーミュラEの創設者兼CEOのアレハンドロ アガグ氏は語りました。

日産は、アライアンスパートナーのルノーと共に、今までの経験や開発されたものを活用しながら、競争力を高めるために、ルノー、三菱自動車と協力し、シナジーの最大化を目指します。

日産は、新たなシャシーとバッテリーが導入される予定の2018年末に開幕する第5シーズンより参戦します。

第4シーズンは今年12月から来年7月まで、香港、ベルリン、パリ、ニューヨーク、モントリオールなど世界各地の主要都市で開催されます。

日産のフォーミュラE参戦に関する詳細は、第5シーズンの開幕が近づきましたらお知らせいたします。

    
    

日産、来季からフォーミュラEに参入か?

フォーミュラEのルノーは、エントリーを日産に引き継ぐ可能性があるとmotorsport.comが報道。
フォーミュラE、日産
motorsport.comから
フォーミュラEの2016/17シーズン、ルノーe.ダムスのセバスチャン・ブエミは6戦中5勝を挙げるなど絶好調だが、マニュファクチャラーであるルノーはそのエントリーを日産へ譲る可能性があるようだ。
ルノーと日産の提携は、世界最大の自動車パートナーシップのひとつだ。
両者はフランスと日本向けにどのようにモータースポーツプログラムを運用するのがベストか、議論してきた。
ルノーは、フォーミュラEの2015/16シーズンに参戦しているのに加え、資金難に陥ったロータスを買収する形で、昨年からF1へワークスチームとしての参戦を再開した。
F1チームの再建には、ルノーの拠点であるエンストンでの大規模な人員追加や、エンジン開発が行われているヴィリ・シャチオンへの資金注入が必要となる。
2016年には、ルノーは推定1億5000万ポンド(約214億2800万円)を費やしたとみられ、そのうちの約半分、8000万ポンドの資金を自己調達したようだ。
成功を収めているフォーミュラEのプログラムを停止させることで、それに1000万ポンド以上を追加できるとみられている。
一方、日産はLMP1プロジェクトを立ち上げたものの、ル・マン24時間レースに1度参戦したのみで、この計画は2015年末までに失敗に終わっており、主力のモータースポーツプログラムを探している状態だ。
世界最大の電気自動車販売会社のひとつとして、ルノーの代わりにフォーミュラEに参入するというのは、両者の提携にとっても理想的な選択肢となるだろう。
まだ何の決定も保証もされていないものの、フォーミュラEに参入する最初の日本自動車メーカーとなるであろう日産は、来シーズンにもルノーから参戦を引き継ぐと、motorsport.comは見ている。
motorsport.comが日産の広報担当者にこの件について尋ねると、「憶測についてはコメントしない」との返答があった。
2017/18シーズンに向けて、フォーミュラEのパワートレイン(モーター、インバータ、ギヤボックス)の開発とホモロゲーションのプロセスはすでに始まっている。
これらのパワートレインは、昨年の夏にルノーと2年間のカスタマー契約を結んだ、テチータにも供給される必要が有る。

    
    
        

フォーミュラE+

FIA Formula E Championship
フォーミュラE+
フォーミュラE シーズン4

フォーミュラE+ ブログ内検索


テレビ朝日フォーミュラE放送予定
テレビ朝日フォーミュラE放送予定

オンラインライブ情報

ファンブースト(FanBoost)投票

FanBoost-Vote
ファンブースト(FanBoost)