忍者ブログ

フォーミュラE+

Home > ドレイソンレーシング

トゥルーリGP・フォーミュラE・チーム

ヤルノ・トゥルーリ、ドレイソン・レーシングの代表兼ドライバー!
ヤルノ・トゥルーリ

元F1ドライバーのトゥルーリがチーム代表兼ドライバーでフォーミュラEに参戦

元F1ドライバーのヤルノ・トゥルーリが、フォーミュラE選手権にチーム代表兼ドライバーとして参戦することが明らかになった。

2004年のF1モナコGPウイナーであるトゥルーリは、今年9月にスタートするFIAの新たな電動フォーミュラカー選手権、フォーミュラEに参戦するため、チーム創設に動いていたことが今月初めにすでに明らかにされていた。

18日、選手権をオーガナイズするフォーミュラEは、トゥルーリがドレイソン・レーシングのエントリー枠を買い取り、新たに「TrulliGP Formula E Team(トゥルーリGP・フォーミュラE・チーム)」として参戦することを公式サイトで発表。
チームロゴを含むチーム紹介ページもすでに掲載している。

「F1ドライバーとして素晴らしい経験を積んだので、FIAフォーミュラE選手権への関与は、ドライバーとしてだけでなく、チームオーナーとしても確かに新しい挑戦になるだろう」とトゥルーリ。

ポール・ドレイソン卿率いるドレイソン・レーシングは、チームとしての参戦を譲ったものの、トゥルーリGPにワイヤレス充電システムを供給するパートナーとして、今後もシリーズとの協力を維持し続けるという。

「私は、ヤルノによって導かれるモータースポーツのプロフェッシェナルなワールドクラスのチームと協力することを非常に喜んでいる」とドレイソン。
「私は、トゥルーリチームのモータースポーツに関するノウハウおよびドレイソンのEV技術に関する専門知識のコンビネーションがスタートから勝利をつかむことを確信している」

「我々の野心は、すべてのチームにワイヤレス充電を供給することだ。トゥルーリGPがこのエキサイティングな技術を採用する最初のチームであることを嬉しく思っている」

トゥルーリは、F1優勝経験者として初のシリーズ参戦ドライバーとなる。
【オートスポーツweb】から

    
    
PR

電気自動車(EV)世界最高速

ドレイソンレーシングは、昨年6月にル・マンEVプロトタイプで電気自動車(EV)で世界最速となる時速204.185マイル(約328.6km)を記録。

【Drayson B12/69EV electric LMP1】
ドレイソンレーシング
記録達成に使用されたドレイソン B12 69/ル・マンEVプロトタイプは、最高出力480kWのモーターと容量20kWhの電池パックを搭載する仕様で、1000kg以下の車両重量を達成している。

    
    

ドレイソンレーシング EVのLMP1

ドレイソンレーシングは、フォーミュラEで最初の優勝チームを狙っている。
研究・開発は2年前から始まっており、ロッキンガムではル・マンEVプロトタイプのテスト走行も。
準備は万全だ。
【Drayson B12/69EV electric LMP1】
ドレイソンレーシング

    
    

ドレイソン レーシング

DRAYSON RACING
ドレイソン レーシング

フォーミュラEに最初に参戦契約を結んだチームです。
イギリスの実業家でもあり、チームを率いるポール・ドレイソンは次のようにコメントした。

フォーミュラEのオープニングシーズンで戦うという見通しに大いに興奮している。
過去2年間、電気ドライブトレインを研究し、ル・マン電気自動車プロトタイプを開発した経験によって積み重ねたノウハウを活用して、最初から優勝争いをするチームになることを目指している。
我々は、フォーミュラEには非常に大きな商業的ポテンシャルがあると考えており、モータースポーツに新しいファンと新しいスポンサーを引きつけ、世界をリードする環境的に持続可能な世界的スポーツイベントになると信じている。

    
    
        

フォーミュラE+

FIA Formula E Championship
フォーミュラE+
フォーミュラE シーズン4

フォーミュラE+ ブログ内検索


テレビ朝日フォーミュラE放送予定
テレビ朝日フォーミュラE放送予定

オンラインライブ情報

ファンブースト(FanBoost)投票

FanBoost-Vote
ファンブースト(FanBoost)