忍者ブログ

フォーミュラE+

Home > ルノー e.ダムス

セバスチャン・ブエミの代役でピエール・ガスリー

ニューヨークePrixでセバスチャン・ブエミの代役候補として、スーパーフォーミュラ参戦中のピエール・ガスリーの名前が挙がっていると、motorsport.comが報道している。
ピエール・ガスリー

ルノー・e.ダムスは、スコット・スピードにも代役候補としてアプローチした。
しかしこの申し出は、アンドレッティにより拒絶されている。
またチームはトヨタとも、ブエミの処遇について話し合いを継続しているものと考えられる。
しかしmotorsport.comの取材によれば、ブエミが乗る8号車トヨタが、ル・マン24時間レースで大量のポイントを獲得できた場合にのみ、この可能性があるとみていた。
しかし、アンソニー・デビッドソン、中嶋一貴と組んだル・マンは、トラブルにより8位に終わったため、ブエミがWECニュルブルクリンクを欠場しニューヨークに向かう可能性は低いだろう。
ブエミのニューヨークePrixへの出場可否、そして欠場が確定した場合の代役は、今月末にもルノー・e.ダムスから発表されるものとみられる。

    
    
PR

ルノー e.ダムス、シーズン3のドライバーを発表!

ルノー e.ダムスは、来シーズンもセバスチャン・ブエミとニコラス・プロストで戦うことを発表した。
ルノー e.ダムス

プロストとブエミのパートナーシップは、3シーズン連続で継続される。
これまでチームとしての成績は、2人で6勝を挙げて初年度シーズンのタイトルを獲得した。
ブエミは、今シーズンのポイントランキングで首位のルーカス・ディ・グラッシから11ポイント差の2位につけている。
また、プロストは6位。
そしてルノー e.ダムスは、チームのチャンピオンシップは現在2位に7ポイント差をつけて首位に立っている。

    
    

セバスチャン・ブエミ:北京ePrixは、パーフェクトな週末でした。

セバスチャン・ブエミは、北京ePrixでの勝利をポールポジションからファステストラップと堂々としたパフォーマンスでの「パーフェクトな週末」として話した。
セバスチャン・ブエミ

セバスチャン・ブエミ
これは、パーフェクトなレースだった。
正直に言うと、ニックは素晴らしいスタートを切ったが私のスタートは良くなかった。
最後は、パーフェクトな週末で全てのポイントを獲得した。
私は、それを満喫するつもりだ。
そして、私は次のマレーシアを楽しみにしています。

    
    

ルノーe.ダムスは、2ndシーズンもプロストとブエミ

2ndシーズンも、プロストとブエミ
プロストとブエミ

ルノーe.ダムスは、セカンドシーズンも不変のドライバーラインアップでニコラス・プロストとセバスチャン・ブエミで戦う。
この2人で4つのレースとチームタイトルを獲得し、最初のシーズンではその力を強く証明しました。

ニコラス・プロスト
私は今年のフォーミュラEのためにルノーe.ダムスに残ることを嬉しく思う。
継続のために同じチームに滞在することが重要です。
誰もがお互いをよく知っており、同じ環境で作業する方がはるかに簡単です。
我々が特にルノーの新しいパワートレインとドニントンでの有望な最初の実行で、今年達成できるものを見るためにエキサイティングになるだろう。

セバスチャン・ブエミ
我々は全てを非常にうまくやっているので、私は再びルノーe.ダムスで作業することに喜んでいる。
私たちの有望なパフォーマンスの後、テストでは良く見えています。
ですが、シーズン中に何が起こるかを言うには時期尚早です。

    
    

第2シーズンに向けて:ルノー e.ダムス

テレビ朝日公式サイトから
ルノー e.ダムス

フォーミュラE選手権、初シーズンのチームチャンピオンとなった、e.ダムス ルノー。
2ndシーズンでメーカーが独自のパワートレイン搭載解禁に伴い、ルノーは選手権により深く関わることを決定した。
そして、チーム名もルノー e.ダムスと変更になった。

パトリス・ラティ(ルノー・スポール・テクノロジーズCEO):
「来シーズンは全面的に参戦します。そしてクルマのパワートレインを開発します。なので来年はルノーです。今年はスパーク・ルノーで全チームに使用されました。来シーズンのクルマはルノーで、『ルノー e.ダムス』が使います。
私たちのEV戦略と一致することから、フォーミュラEに参戦しています。未来が技術を育て、EVは環境に良いだけでなく、エキサイトで面白いのだということを見せることができると思うからです。」

惜しくも1ポイント差でチャンピオンの座を逃したセバスチャン・ブエミに対し、来シーズンは共同創設者のアラン・プロストはチームとドライバー、両方のタイトルのために戦うと誓った。

アラン・プロスト(ルノー e.ダムス共同創設者):
「1ポイント、あるいは0.5ポイント差でタイトルを取れなかったことは何度もある。そういった思い出はよくあることだ、とセバスチャン(ブエミ)に言ったよ。彼がとても落胆しているには違いないが、でも結局は、最後のコーナーでタイトルを失ったことは凄く前向きな事なんですよ。彼にとっては、一杯のワインを飲んで次のレースのことを考えないといけない、それだけのこと。」

ルノーと日産のCEOであるカルロス・ゴーンがロンドン大会のグリッドに来ていた。
これはルノーが選手権に力を入れているということでもある。
ヴァージンと提携したシトロエンDSとの戦いは緊張を帯びていくだろう。
ルノー e.ダムスのドライバー・ラインナップは2ndシーズンも同じで、ブエミは初シーズンよりも1つ上の選手権タイトルを狙う。

    
    

e.ダムスルノー、フォーミュラE初年度チームタイトルを獲得!

Rd10.ロンドンePrixで今シーズンのブエミの3回目の勝利とニコラス・プロスト7位入賞で、e.ダムスルノーはフォーミュラEの初年度チームタイトルを獲得した。
今日行われる最終戦で、ブエミはドライバーとしてタイトルにチャレンジする。
e.ダムスルノー

    
    

セバスチャン・ブエミ:危険なリリースでモスクワの2位を失う。

危険なリリースでペナルティでモスクワの2位を失うブエミ
セバスチャン・ブエミ

セバスチャン・ブエミは、彼のチームのe.ダムスルノーが危険なリリースのために受けたペナルティでモスクワePrixの2位を失ってしまった。
チームはニック・ハイドフェルドが接近しているとき、ヴェンチュリーエントリパスにブエミをリリースした。
その時にチームは義務付けられている最小要件よりもはるかに長い68秒間、ブエミを保有していた。
これによってブエミは、チャンピオンシップの2位からも落ちてしまうことになる。

    
    
        
  • 1
  • 2
  • 3

フォーミュラE+

FIA Formula E Championship
フォーミュラE+
フォーミュラE シーズン4

フォーミュラE+ ブログ内検索


テレビ朝日フォーミュラE放送予定
テレビ朝日フォーミュラE放送予定

オンラインライブ情報

ファンブースト(FanBoost)投票

FanBoost-Vote
ファンブースト(FanBoost)