忍者ブログ

フォーミュラE+

Home > アウディスポーツABT

「WECとフォーミュラE、両立するドライバーは減る」とディ・グラッシ

ディ・グラッシは、フォーミュラEのコミットメントのレベルが高まったことでドライバーたちの両選手権参戦は難しくなってきていることを明かした。
ルーカス・ディ・グラッシ

2016年シーズンでWEC(世界耐久選手権)とフォーミュラEを両立してきたルーカス・ディ・グラッシ。
しかしアウディが2016年をもってWEC撤退したことで、彼は来季よりフォーミュラEに集中することになる。
よって彼が来季7月16日に開催されるフォーミュラEニューヨークePrixとWECニュルブルクリンク戦のどちらに出場するかを選ぶ必要もなくなる。
しかし、これまでと同様に両シリーズに参戦しているセバスチャン・ブエミたちは、来季もその選択を強いられることになる。
2つの選手権の日程が被っていることについてディ・グラッシは、フォーミュラEが要求している"コミットメント"のレベルが高まっているため、両選手権でフルタイム参戦するドライバーは将来的に減っていくと考えている。

「誰もがフォーミュラEのフルラインアップを望んでいる。それなのにドライバーが1つの選手権ではなく、2つの選手権に出場しているから、いくつかのチームは問題を抱えている」とディ・グラッシは語った。

「WECを優先したためフォーミュラEを欠場したドライバーの場合は、それが彼らの選択だ。WECのLMP1クラスで6時間レースなら2人組でも走ることができるのだから。今年のニュルブルクリンクでブノワ(トレルイエ/WEC7号車アウディ)が怪我で欠場した時には、ふたり(アンドレ・ロッテラーとマルセル・ファスラー)で出場したんだ」

「僕はそれぞれのチャンピオンシップがどのように進行していくかによると思う。1つのシリーズでタイトルの可能性がなくなった時は、もう一方のシリーズに参戦する、といったようにどちらで走るかという決断はシンプルでなくてはいけない」

「でも、ドライバー契約上、2シリーズとも優先させなければいけない場合はわからない。2つの異なるメーカーのために参戦することはドライバーにとってとても難しいことだ」

「その場合、ドライバーは将来的にどちらかひとつの選手権を選ぶ必要があると思う。フォーミュラEはそういった傾向がますます深刻化している。フォーミュラEは多くの労力とリソースを必要としていて、それにはドライバーも含まれている」

フォーミュラEと”スペシャルレース”

2017年、ディ・グラッシはフォーミュラEにリソースを集中させることになるが、一方、ル・マン24時間レースを含め、シーズンを通して他の様々なモータースポーツイベントに参戦したいという意向があるようだ。

「デイトナ24時間参戦を提案してもらっているんだけど、ニュルブルクリンク24時間レースもやりたいと思っている。あとマカオのGTワールドカップにも出たい」とディ・グラッシは語った。

「僕は(フォーミュラEに)並行して別の選手権をフル参戦しようとは思わないけど、来季は他のスペシャルレースに参戦したい。将来的には実現させるだろうね」

「もし、ル・マン24時間でリベンジできるチャンスがあるなら、僕は間違いなく参戦するだろうね。パドック上でもいくつかのチームが3台目の体制を検討しているという話があったし、もしかしたら(チームは)僕を誘ってくれるかもしれない」

motorsport.comから

    
    
PR

アウディ、フォーミュラEワークス体制へ!

アウディ(Audi)は、2016-2017シーズン開幕戦の香港ePrixから、ABT Schaeffler Audi Sport Formula E Team との関係性を強めていきこれまでの資金、技術サポートを強化する。
さらに2017-2018シーズンにはフォーミュラEをモータースポーツプログラムに加えて開発に乗り出していく。
技術パートナーのシェフラー(Schaeffler)との関係性を深め、ワークス体制へ。
アウディ(Audi)フォーミュラE

この発表により、アウディ(Audi) のロゴである”Four Rings(4つの輪)”が、ABT Schaeffler FE02 のマシンに描かれる予定で、直近では9月5日〜7日にイギリスのドニントンパークサーキットで予定されているプレシーズンテストで公開される。

    
    

ディ・グラッシとダニエル・アプト、来シーズンもABTシェフェラー・アウディ・スポーツ

ABTシェフェラー・アウディ・スポーツは、次の第3シーズンもルーカス・ディ・グラッシとダニエル・アプトのドライバーで確定!
ABTシェフェラー・アウディ・スポーツ

ルーカス・ディ・グラッシは、これまでのシーズンで4度勝利し、今シーズンのチャンピオンシップポイントで首位に立っている。アプトは、2度の表彰台とポールポジション1回獲得している。

    
    

ルーカス・ディ・グラッシ:非常にタフなレースだった。

ABTシェフラーアウディスポーツのルーカス・ディ・グラッシは、プトラジャヤePrixでの勝利を「非常にタフなレース」だったと語った。
ルーカス・ディ・グラッシ

ルーカス・ディ・グラッシ
それは、非常にタフなレースでした。
主にバッテリー温度のためで、それは昨年我々にあった同じ問題です。
しかし、私たちは素晴らしい仕事をしました。
チームはバックグラウンドで戦略と完璧な仕事を行なったし、私たちは勝利を主張することができました。
そして、私は現在チャンピオンシップのリーダーです。

    
    

ルーカス・ディ・グラッシ:2位フィニッシュは、最高の結果!

ルーカス・ディ・グラッシは、北京ePrixでの2位フィニッシュはレースで可能な限り最高の結果であったと考えています。
ルーカス・ディ・グラッシ

ルーカス・ディ・グラッシ
それは混沌とした夏でした。
すべてが可能性として信頼性が高く、高速であったことを確認しようとしました。
我々は、この週末に自信がありました。
シェフラーは素晴らしいドライブトレインを行なったし、昨年から多くのことを改善しました。
もちろん、私たちはレースも大きなステップをしました。
今日、私に出来る最高の結果の2位でした。
通常の状況では、これは3位であったであろうと思います。
表彰台フィニッシュは、チームにとってグッドフィーリングです。
我々は、良い形でシーズンをスタートします。
それは思ったより悪かったか、それは少し良かったのかもしれません。
私たちはペースを改善することが必要ですが、私たちは強力な車を持っています。
まだ、チャンピオンシップは長いです。
私たちは、できるだけ多くのレースをプッシュしてみます。

    
    

東京モーターショー15に、シェフラーがフォーミュラEを展示!

ABTシェフラーアウディスポーツ
ABTシェフラーアウディスポーツ

シェフラーグループは、10月29日から11月8日まで開催される第44回東京モーターショー15に出展する。
その中で、シェフラーがスポンサーをしているフォーミュラEのマシンを展示し、同チームのドライバーのルーカス・ディ・グラッシ選手も11月3日の13時と18時に来場する予定となっている。

東京モーターショー15関連記事
電気自動車(EV)に力を注ぐ日産【東京モーターショー2015】

    
    

ABTシェフラーアウディスポーツ、フォルクスワーゲンのロゴは?

フォーミュラEのABTシェフラーアウディスポーツが、シーズン前に発表した新しいカラーリング。
そのマシンのノーズ部分とサイドに貼ってあるフォルクスワーゲンのロゴが目立っていた。
ABTシェフラーアウディスポーツ

フォーミュラEは、自動車が環境負荷を減らして行くために静かで排気ガスを出さない電気自動車の本格的なレースであり、今回のフォルクスワーゲンのスキャンダルは見逃せない。
ならばABTシェフラーアウディスポーツチームのフォルクスワーゲンのロゴ、北京では無くなっている可能性も考えられるのでは?

    
    

フォーミュラE+

FIA Formula E Championship
フォーミュラE+
フォーミュラE シーズン4

フォーミュラE+ ブログ内検索


テレビ朝日フォーミュラE放送予定
テレビ朝日フォーミュラE放送予定

オンラインライブ情報

ファンブースト(FanBoost)投票

FanBoost-Vote
ファンブースト(FanBoost)