忍者ブログ

フォーミュラE+

Home > NEXTEV TCR

ネルソン・ピケJr.、チーム代表の死を悼む

ネクストEVの社長で、同社のフォーミュラEチームを率いたマーティン・リーチが、癌との闘病の末亡くなった。59歳だった。
マーティン・リーチ

リーチが最近まで社長を務めていたネクストEVは、ハイパフォーマンスの電気自動車を設計・開発する企業であり、チャイナ・レーシングをスポンサードする形で、シーズン1後半からフォーミュラEに携わった。
リーチは、このフォーミュラEチームの代表も務めていた。
同チームのネルソン・ピケJr.は、記念すべき初代フォーミュラE王者に輝いたが、各チーム独自のパワートレインを使えることになったシーズン2は苦戦。
しかし先日香港で開幕したシーズン3では、その最初のレースからピケJr.がポールポジションを獲得する速さを見せた。
このポールポジションは、チームにとっても初めてのポールポジションである。

ネルソン・ピケJr.
マーティンはこのスポーツに対して、非常に情熱的な男だった。
彼は多くの時間と労力と情熱を、このスポーツに懸けた。
僕が初めて彼と会ったのは、シーズン1の終盤、彼らがチームのスポンサーになった時だった。
彼はシーズン2でチームを引き継ぐことになった。
当時は非常に厳しい状況だったけど、彼は僕にこう語ってくれたんだ。
「ネルソン、心配しなくていい。我々は再び君が成功できるように、全力を尽くすつもりだ」と。
それが、僕がネクストEVにとどまった理由だった。
そして、僕らはかなり良好な関係を築いた。
彼はとてもポジティブだったんだ。
彼は非常に熱心に働いていた。
ギヤボックスの素材からインバータまで、起きていることのすべてを知っていた。
彼は常に働いていた。僕は彼に、昼でも夜でも、いつでも会うことができたんだ。
短い時間ではあったけど、僕は彼と働くことができて幸運だったし、非常に誇りに思っている。
香港では、彼と彼のクルマに捧げるポールポジションを獲得することができた。
そして、これまで以上に彼の遺したモノを続けていきたいと思う。
さらに、マーティンのためにより多くのレースに勝ち、チャンピオンシップを獲得したい。
マーティンのスキルとビジョンのおかげで、我々のすべての組織やスタッフが、今ここにあるんだ。
僕はマーティン・リーチと働けたことを光栄に思うし、彼を失ったことは大きな損失だ。
彼はただのチームのボスではなかった。
彼は、僕ら全員のためにそこにいたんだ。
僕はさらに進んでいけることを願っているが、今起きたことについてはとても悲しい。
そして彼の家族のことを想っている。
僕らはマーティンのために、これまで以上に働くつもりだ。

    
    
PR

オリバー・ターベイ、熊本・大分地震を気にかけながらフォーミュラEへ

NEXTEV TCRのオリバー・ターベイは、大分オートポリスで開催される予定だったスーパーGTのレースが九州地方での地震の影響によって延期になった。
そのため当初欠場する予定だったフォーミュラE第8戦のベルリンePrixに参加することになった。
その際、コメントでは最初に日本で起きた震災で被災された方々に対しても気遣ってくれた。
オリバー・ターベイ

オリバー・ターベイ
まず最初に、九州地方を襲った地震に被災されたすべての方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。
レース主催者がオートポリスでのスーパーGTを延期したことは理解できるし、九州地方の全てのファンに対してまたレースができることを望んでいるよ。
そのため、今回は次戦のフォーミュラEに参加できることになった。
新しいレーストラックでレースができることを楽しみにしているし、ポイント圏内でフィニッシュできるようにプッシュしていくよ。

    
    

ヘンケルは、セカンドシーズンもネクストEV TCRをサポート

ドイツの化学・消費財メーカーのヘンケルは、フォーミュラEチャンピオンシップのセカンドシーズンも引き続きネクストEV TCRチームの接着剤製品・技術サポートを提供する。
フォーミュラE ヘンケル

ネクストEV TCRのネルソン・ピケJr.が初代のフォーミュラEチャンピオンに輝き、チームも4位につけた。
ヘンケルは同チームの独占サプライヤーとして、フォーミュラEチャンピオンシップのファーストシーズンを技術サポートしてきた。

    
    

オリバー・ターベイ、ネルソン・ピケJr.を打ち負かしたい!

オリバー・ターベイ:私を含む誰もがネルソンを打ち負かしたいです。
それは簡単な仕事ではありません。
しかし、誰かが現チャンピオンのチームメイトをしなければなりません。
フォーミュラEのセカンドシーズン、その役割はオリバー・ターベイに巡ってきました。
オリバー・ターベイ

オリバー・ターベイは、ロンドンePrixダブルヘッダーでフォーミュラEデビューを果たした。
そしてフォーミュラEのセカンドシーズン開幕に向けて、その期待を語った。

今シーズンのネクストEV TCRでのニュース、おめでとうございます。
あなたはロンドンでフォーミュラEのデビューを果たし、その両方のレースでポイントを獲得しました。
フォーミュラEの一部であることは、あなたに何を意味するのでしょうか?

私は本当に興奮しています。
シーズンフィナーレのロンドンePrixで、私のデビューは素晴らしかった。
強さを示して、既にチャンピオンシップのフロントランナーの一部とレースが出来て良かったです。
私は、ストリートサーキットでのレースが好きです。
そして、これは非常にエキサイティングなチャンピオンシップです。
新しい技術がたくさんあります。
大学からの私の工学経歴とマクラーレンのテストドライバーとして、私にはその辺は非常に興味深く見えます。
全シーズンのチャンピオンシップに参加するを楽しみにしています。

あなたは、マクラーレンでの役割を述べました。
他のコミットメントは、フォーミュラEスケジュールとの問題を引き起こすでしょうか?

いいえ、テストドライバーとしてマクラーレンと6シーズン過ごしてきた。
彼らは、私がレースに行くの非常に支持してきました。
私は、今年ホンダのためにスーパーGTで日本でレースをしています。
今後もうまくいけば、スーパーGTとフォーミュラE両方のコミットメントすべてに適合し、レースすることができます。
それは忙しい年になりますが、シングルシーターに戻ることはエキサイティングなことです。

あなたは、チャンピオンのネルソン・ピケJr.とレースをしています。
あなたが今年の目安として、ネルソンを利用することは良いでしょう。

確かに、それはチームメイトとしてネルソンを持っているのは素晴らしいことです。
それは私にとって良い参考になり、間違いなく彼を倒すことを目指します。
強力なチームメイトを持つということが、重要であると考えることができます。
それは、チームを前進させることに役立ちます。
そして、ネルソンと私はロンドンで一緒にうまくいきました。

プレシーズンテストでは、新しいパワートレインによって多くのチームが難しく見えました。
チームのホームレースでもある北京での開幕戦に向かう感じは?

私は、明らかにテストが我々が望んのだほどスムーズに行かなかったと思います。
今年のチームの大半が新しいパワートレインを持つように、いくつかの車に性能差が出ることがあります。
テストプログラムは、最初の2日間はわずかに妥協していましたが、他の日全体で我々は良い進歩を遂げました。
私たちは新しいパワートレインの開発に主に焦点を当て、150kW全体のテストを実行しました。
私たちは北京に立つが、うまくいけば我々はフロントでレースをすることになります。

あなたは、このシーズンに向けて具体的な目標と野心を持っていますか?
私は、それはあまりにも多くのテストから読み取ることが困難だと思います。
シーズンに行く目的は勝つことであり、また誰もが明らかにネルソンを打ち負かしたいと思っている。
彼のチームメイトとして、私も彼を打ち負かしたい!
私の主な目的は、チームの順位を上げるためだと思います。

    
    

ネクストEV TCRは、ネルソン・ピケJr.とオリバー・ターベイに

初代チャンピオンのネルソン・ピケJr.のチームメイトにはオリバー・ターベイ
ネルソン・ピケJr.とオリバー・ターベイ

オリバー・ターベイは、フォーミュラEセカンドシーズンをNEXTEV TCRのフォーミュラEチャンピオンのネルソン・ピケJr.と並んでレースをします。
オリバー・ターベイは、6月のロンドンePrixダブルヘッダーでフォーミュラEのデビューを果たしました。

オリバー・ターベイ
ロンドンのシーズンフィナーレでチームは私に素晴らしい機会を与えたことを嬉しく思います。
そして、私のパフォーマンスがフォーミュラEセカンドシーズンでNEXTEV TCRのためにフルシーズン争うことに繋がったことに満足です。
私は、彼らの新しいパワートレインの開発にチーム全体での作業を楽しみにしている。
そして、チャンピオンと一緒にドライブするのに興奮しています!

そして、スーパーGTでの私のF1テストの義務とレースのコミットメントと一緒にフォーミュラEでレースを可能にできたマクラーレンとホンダ、彼らの継続的な支援の礼を言いたいと思います。

    
    

第2シーズンに向けて:ネクストEV TCR

テレビ朝日公式サイトから
ネクストEV TCR

チャイナ・レーシングは、1stシーズンの後半チーム名をネクストEV TCRに変更した。
これは中国を拠点としたEVテクノロジー会社、ネクストEVと提携することが発表になってのことだ。
そして新しくシルバーと黄色になったマシンで、ネルソン・ピケJr.が思い入れの深いロングビーチで初勝利を飾った。

他のチーム同様eモーター、インバーター、ギアボックス、クーリングシステムといったパワートレイ関係の開発に力を入れることになるが、限りある時間での開発になるのでこれ自体がすでに大きな課題だという。
大々的な設計とシミュレーションの解析から、ネクストEV TCRはデュアル・コントローラーでデュアルeモーターを使うことを決めた。
そして、ギアボックス構造はドライブ時、回生時ともに最大効率を出せるものにする。

ネクストEVは、フォーミュラEのコンストラクター・チャンピオンを狙っている。
そしてもっと重要なのは中国でハイテク・ハブになること、EV OEMのトップブランドとなることだ。

レース当日のオペレーションは初シーズンで素晴らしい仕事をしたスペインのチーム、カンポス・レーシングが引き続き行う。

ネルソン・ピケJr.は、数年に渡る長期の契約を交わしているが、セカンドシートはまだ誰になるかわからない。
初シーズンでは4人がピケJr.のチームメイトになった。
オリバー・ターベイはロンドンでの2戦のみの参戦だったが素晴らしい走りを見せただけでなく、ピケJr.をサポートし観衆やチームに強い印象を残した。
また元F1選手のギド・ヴァン・デル・ガルデがロンドン大会でネクストEV TCRのガレージを訪れていた。

ヴァン・デル・ガルデ自身も、世界耐久選手権やフォーミュラEに興味があり、いくつかのチームと話をしていると一部メディアに話している。
GP2で走っていた時のバルワ・アダックスは当時アレハンドロ・アガグ(フォーミュラE、CEO)が所有しており、レースはカンポス・レーシングがオペレートしていた。
そのような背景からネクストEV TCRが有力という話もあるがまだ発表はない。

安定したパフォーマンスを発揮できる選手がピケJr.のチームメイトになれば、チームは当然更に強力になるだろう。

    
    

独ヘンケル、フォーミュラE初年度にNEXT EV TCRをサポート

ドイツの化学・消費財メーカーのヘンケルは、フォーミュラEチャンピオンシップのファーストシーズンで、ネクストEV TCRチームを支援したと発表した。
ネクストEV TCR

同チームのネルソン・ピケJr.が初代のフォーミュラEチャンピオンに輝き、同チームも第4位につけた。
ヘンケルは同チームの独占サプライヤーとして、接着剤製品と技術サポートを提供した。

    
    

フォーミュラE+

FIA Formula E Championship
フォーミュラE+
フォーミュラE シーズン4

フォーミュラE+ ブログ内検索


テレビ朝日フォーミュラE放送予定
テレビ朝日フォーミュラE放送予定

オンラインライブ情報

ファンブースト(FanBoost)投票

FanBoost-Vote
ファンブースト(FanBoost)