忍者ブログ

フォーミュラE+

Home > マヒンドラレーシング

フォーミュラE マヒンドラ・レーシングのM3エレクトロパワートレイン

M3エレクトロパワートレイン
まず、フォーミュラEの技術の歴史を短く紹介しよう。

シーズン1は、全チームが同じシャーシ、同じパワートレインを使用した。
シャーシはスパークレーシング・テクノロジー(ダラーラ経由)が製作し、バッテリーはウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリング、モーターとインバーターはマクラーレン・アドバンスド・テクノロジーズ、そして5速のギアボックスはヒューランド・エンジニアリングの物だった。
バッテリーのエネルギー使用量は28kWhに設定されており、レースモードでは150kW、予選モードでは200kWの最高出力が許可されている。
レースの勝利は、パワートレインの部分よりもチームのシャーシセットアップとエネルギー戦略が重要なカギとなっていた。
しかしながら、大会のコースは全て新しく、モデリングやシミュレーターもエンジニアが使うには制限があった。

シーズン2は、コンストラクターとして承認されたチームは独自のドライブトレインを造ることができるようになった。
7チームが独自のソリューションを採用(アンドレッティとチームアグリはシーズン1のパワートレインを使用)。
バッテリーはウィリアムズの物を引き続き使用し、シャーシは同じ物が使われた。(シャーシはシーズン4まで継続される)。

マヒンドラのM2エレクトロはシーズン1のクルマの進化型で、マクラーレンが設計したパワートレインと4速のヒューランド・ギアボックスの組み合わせに、効率を上げるためにいくつかの革新的な改良が行われた。
パドック全体では、ダイレクトドライブから5速までと、(チームによって)違ういくつかの構成が見られた。
殆どのチームはシングルモーターを使用したが、2チームがツインモーターを選択した。
最大出力は、予選では200kWのままだが、ルールの変更によりレース中は170kWまで出すことが可能になった。

そして現在進行中のシーズン3。
昨シーズン同様、シャーシとバッテリーの供給社は変わらず、エネルギーとパワーの値も同じだが、バッテリーはスパーク社(ウィリアムズを経由)がリフレッシュし、アップグレードされた。
ブレーキ時のエネルギー回生は100kWから150kWに大きくジャンプした。
マヒンドラ・レーシングのM3エレクトロはシーズン2の物に比べると革新的だ。
マクラーレンのモーターに代わり、マニエッティ・マレリ(イタリア)の6相のユニットになった。
マニエッティ・マレリはインバーターも提供している。
横軸2速トランスミッションのパッケージが選択された。
昨シーズンのM2エレクトロに比べ、ドライブトレイン全体で40%も軽くなっている。

ここにマヒンドラカー(M3エレクトロ)の特性、統計を記載しておく。

●モーター
マニエッティ・マレリ 6相モーター(MGU)
最大回転数14%上昇 (M2エレクトロと比較)
最大トルク 38%上昇 (M2エレクトロと比較)

●インバーター
インバーターx2 それぞれがモーター3相をコントロール
F1-ドライブ テクノロジー搭載 (SixMOSFET 高周波スイッチング
専用DCジャンクション・アッセンブリー

●クーリング
インバーターとモーター用 並列クローズドシステム 
専用ダクティング 
専用ラジエター 

●バッテリー
スパーク社が提供(ウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリング経由)
エネルギー使用 28kWhまで
最大回生可能パワー 50kW
レースモード中の最大出力 170kW
予選モード中の最大出力 200kW
専用液体冷却式

●トランスミッション
専用2速ギアボックス 
空気圧式バレル/フォークシフト 
横置きレイアウト 
専用カーボンファイバーケース

●リアサスペンション
専用軽量Wウィッシュボーン 
低摩擦抵抗ベアリング
専用のロッカーとアンチロールバー付プッシュロッド駆動コイルオーバー・ダンパー

●ソフトウェアなど
新しいドライブトレインのための複数ソフトの機能、及びパフォーマンスのアップデート
ステアリングは更に複雑化、ドライバーインターフェイス機能が増えた

●重量
車両はドライバーとバラストを含め880kg
バッテリーの重さは改装によりシーズン2より軽量化

    
    
PR

フェリックス・ローゼンクビスト、マヒンドラからブルーノ・セナに代わってフォーミュラEデビュー

マヒンドラ・レーシングは、シーズン3でニック・ハイドフェルドとフェリックス・ローゼンクビストのドライバーラインナップを発表しました。
スウェーデン出身のフェリックス・ローゼンクビストは、マカオGPで連覇を達成しインディライツでも勝利を挙げている。
フェリックス・ローゼンクビスト

ディルバ・ギル(マヒンドラチームプリンシパル)
我々は、マヒンドラ・レーシングファミリーにフェリックスを歓迎して興奮している。
フェリックスは、タイトなストリートコースのマカオのように、決定的に多くのレベルで自分のスキルを証明しています。
私は個人的に、フォーミュラEで私たちの最初の2年間マヒンドラレーシングへ貢献してくれたブルーノ・セナに感謝したいと思います。

    
    

ブルーノ・セナ、ベルリンePrixでファステスト

マヒンドラレーシング フォーミュラEチームのブルーノ・セナは、前大会のニック・ハイドフェルドに続きベルリンePrix決勝レースでファステストを獲得した。
ブルーノ・セナ

ブルーノ・セナ
我々は、ここベルリンで素晴らしい週末を持っていました。
私たちの予選ペースでは、非常に良い励みに発見し、車は素晴らしいと感じました。
私たちはグリッドペナルティがなかったならば、私たちは今日ポディウムのために戦っている可能性を感じています。
私たちは第2スティントでの最速ラップのために戦略を切り替えました。
戦略のためのセカンドカーのダウンフォースを設定していなかったので達成することが難しかったです。
私は最速ラップとパフォーマンスのこれらの高いレベルを達成するために一生懸命働いているチームのためにいくつかのポイントを獲得できて嬉しいです。

    
    

マヒンドラ、ピニンファリーナ買収で合意

インドの自動車メーカーのマヒンドラは、有名なイタリアのデザイン・スタジオ、ピニンファリーナの買収が合意に至ったことを発表した。
ピニンファリーナは、フェラーリやアルファロメオなど象徴的な車のデザインを手がけてきた。
ピニンファリーナの株式の76%を2,800万ドル(約34億円)で買い取り、残りの24%は株主優先募集発行を行う予定だ。
ただ買収後も、ピニンファリーナの独立性は保たれるとのことだ。
ピニンファリーナ

アナンド・マヒンドラ会長
ピニンファリーナの有名なハイエンド・デザインの実績はマヒンドラ・グループ全体のデザインの可能性を大いに高めることとなる。
今日の消費者のデザインに対する感性はますます高まりつつあり、製品デザインは消費者に選んで体験してもらうことに重大な影響を与える。
そして、そのことが我々の成功にも影響するのだ。

    
    

ニック・ハイドフェルドに代わり、オリバー・ローランド

マヒンドラレーシングのニック・ハイドフェルドは、マレーシアでの左手首の負傷により次戦プンタ・デル・エステePrixを欠場し、代わりにオリバー・ローランドが出場する。
イギリス人ドライバーであるオリバー・ローランドは、2015年のフォーミュラ・ルノー3.5シリーズ8勝の新記録でタイトルを獲得している。
オリバー・ローランド

ニック・ハイドフェルド
私はプトラジャヤePrixで左手首を負傷し、医者のアドバイスで私は治すための治療を受けています。
残念ながら、これは私が次のレースを欠場することを意味します。
私は、彼らのクリスマスでのポイントとウルグアイからの復帰を願っています。

オリバー・ローランド
成功のシーズンの後、私はさらに私のシーズンを拡張し、レースの機会を持っていることに興奮しています。
フォーミュラEはモータースポーツの将来の多くの側面を表し、それは最初のシーズンで巨大な牽引力を得ました。
私は、この機会を最大限に活用し車から最大値を抽出していきます。
マヒンドラレーシングに感謝し、私はニック・ハイドフェルドに迅速な回復を願っています。

    
    

ブルーノ・セナ:できる限りのポイントを得た。

ブルーノ・セナ:プトラジャヤePrix 5位
ブルーノ・セナ

ブルーノ・セナ
私たちはエネルギーと温度管理で今日素晴らしい仕事をしたと思う。
最初のスティントでは、19ラップをほとんどできたがセーフティカーのリスタート後、ギアボックスの問題で車を停止しなければならなかった。
しかし私たちは決してあきらめなかったし、私たちはできる限りのポイントを得ました。

    
    

ニック・ハイドフェルド:マヒンドラレーシングを称賛する。

ニック・ハイドフェルドは、フォーミュラEセカンドシーズン開幕戦の北京ePrixでの表彰台フィニッシュに満足していました。
表彰台3位フィニッシュは、彼の最高の結果を等しくマヒンドラレーシング初の表彰台だった。
しかしピットストップの問題は、はるかに困難な仕事にした。
ニック・ハイドフェルド

ニック・ハイドフェルド
私たちには、左側の私のベルトに関する問題がありました。
私たちは、それらを付けることができませんでした。
残念ながら、これが私たちが2つのポジションを失った理由です。
私たちは私たちより前に終わった2つのチームが、そこで終わると予想しました。
しかし、少なくともそれは2台の車ではなく4でした。
そして私は、マヒンドラに感謝しなければなりません。
私は、とても面倒な人物かもしれません。
私は彼らに多くを行うためにそれらを求め、さらに多くのことを行うためにそれらを頼みます。

    
    

フォーミュラE+

FIA Formula E Championship
フォーミュラE+
フォーミュラE シーズン4

フォーミュラE+ ブログ内検索


テレビ朝日フォーミュラE放送予定
テレビ朝日フォーミュラE放送予定

オンラインライブ情報

ファンブースト(FanBoost)投票

FanBoost-Vote
ファンブースト(FanBoost)