忍者ブログ

フォーミュラE+

Home > 記事一覧

日産自動車ニュースリリースから

日産自動車、2018~2019年シーズンからフォーミュラEに参戦
日産nismo
日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:西川 廣人)は25日、2018年より、日系自動車メーカーとして初めて、電気自動車フォーミュラカーレース「FIAフォーミュラE選手権」に参戦することを発表しました。

拡大を続けるフォーミュラEシリーズに参戦することで、日産は、クルマがエネルギーをどのように使い、どのように走り、そして社会とどのようにつながっていくのか、という3つの柱から成る同社の「ニッサン インテリジェント モビリティ」のメッセージを世界中に広めるためのグローバルプラットフォームを得ることになります。

「力強い加速や高い操縦性など電気自動車ならではの運転する楽しさを究極の形で伝えるため、日産は世界初のEVレースであるフォーミュラE選手権に参戦します。長いモータースポーツの歴史を持つ日産が日系自動車メーカーとして初めて、同選手権に参加することは、『ニッサン インテリジェント モビリティ』を次世代のレースファンに伝えるグローバルプラットフォームを得たということです。」と、日産のグローバルマーケティング&セールス、ゼロエミッションビークル、バッテリービジネス、MC-Japan/A&O (日本・アジア・オセアニア事業)担当副社長のダニエレ スキラッチは述べました。

日産は、先月、新型「日産リーフ」を発表し、量産ゼロ・エミッション車におけるトップブランドの地位をさらに強固にしました。同車は、5ドア100%電気自動車の第2世代として、運転支援機能を含む革新技術を搭載しています。

新型「日産リーフ」の初代モデルは、手頃な価格のゼロ・エミッションモビリティの草分けとして2010年に発売されました。同車は、グローバルで累計28万台以上を販売し、世界で最も売れている電気自動車となっています。排出ガスを一切出さない「日産リーフ」の累計走行距離は35億キロを超えています。

スキラッチは、「日産のDNAには、電動モビリティの技術革新における豊富な経験だけでなく、モータースポーツにおける長い成功の歴史があります。この2つの重要な要素を持つフォーミュラEに参戦することは、当社にとって自然なことです。」と付け加えました。

2014年に開幕したFIAフォーミュラE選手権は、さまざまなチームやメーカーが世界各地の大都市に設置されたストーリトサーキットで、100%電動パワートレインの性能を競い合うグローバルレースです。

「日産の選手権への参加は、フォーミュラEにとって記念すべきことです。なぜならば、フォーミュラEは新しいメンバーを得ると同時に、日系メーカーの初参戦により、電動化がグローバルな流れであることを証明するからです。日本は最新技術開発の最前線であると共に、フォーミュラEのファンがたくさんいます。持続可能なモビリティへの変化は、進行中であり、これからも続くでしょう。私は、日産ロゴを付けたマシンを第5シーズンから見ることを楽しみにしています。」とフォーミュラEの創設者兼CEOのアレハンドロ アガグ氏は語りました。

日産は、アライアンスパートナーのルノーと共に、今までの経験や開発されたものを活用しながら、競争力を高めるために、ルノー、三菱自動車と協力し、シナジーの最大化を目指します。

日産は、新たなシャシーとバッテリーが導入される予定の2018年末に開幕する第5シーズンより参戦します。

第4シーズンは今年12月から来年7月まで、香港、ベルリン、パリ、ニューヨーク、モントリオールなど世界各地の主要都市で開催されます。

日産のフォーミュラE参戦に関する詳細は、第5シーズンの開幕が近づきましたらお知らせいたします。

    
    
PR

ディ・グラッシ、ロボレースCEOに就任

フォーミュラEのプロトタイプのマシでのテストドライバーも務め、フォーミュラE最初の正ドライバー(アウディスポーツABTフォーミュラEチーム)としても発表された。
そのルーカス・ディ・グラッシは、フォーミュラEシーズン3ではシリーズチャンピオンも獲得した!
そして今回は、ロボレースのCEOに就任することになった。
ルーカス・ディ・グラッシ

自動運転車の支持者であるディ・グラッシは、無人レースでの開発がモータースポーツの伝統的なシリーズに対しメリットを生み出すことができるという考えを繰り返し提唱してきた。

ルーカス・ディ・グラッシ
将来の市販車に関連する自動運転技術を開発するプラットフォームに集中することで、僕たちはロボレースで今のモータースポーツが踏み込むことのできない領域へ行きたいんだ。
モビリティの未来には自動運転があり、現時点ではそれが業界の総意だ。
それと同じように、モータースポーツには最高のドライバーが付き物だと僕は思っている。
ロボレースが従来のモータースポーツに置き換わるのではなく、お互いを補完し合えるようにロボレースシリーズを発展させて行きたいんだ。
僕たちはOEMやサプライヤー、テクノロジー企業、大学などに対し、僕たちのプラットフォームを活用すれば、自身の無人運転の技術と知的能力を外部に披露することできるとアプローチしている。
今後もテクノロジーが急速に進化していくだろうから、僕たちはイベントやレース、自分たちが目標としているものに対し柔軟に対応していかなくてはならない。

    
    

フォーミュラE 最終戦カナダモントリオールePrix 無料ライブ中継

フォーミュラEファイナルもアベマTVで!

AbemaTV

    
    

フォーミュラE シーズン3 第11戦 モントリオールePrix レース結果!

フォーミュラE シーズン3、最終戦を前にしてディ・グラッシがポイントリーダーへ!
優勝 ディ・グラッシ!
2位 ベルニュ
3位 サラザン
4位 ブエミ
5位 アプト
モントリオールePrix

    
    

英国、2040年からガソリン車とディーゼル車を販売禁止

英政府は、2040年からガソリン車とディーゼル車の販売を禁止する方針を26日に発表する見通し。
大気汚染対策の一環で、電気自動車(EV)への完全移行を目指す。
現地有力紙などが報じた。
ガソリン車とディーゼル車を販売禁止

フランス政府も先に、40年までにガソリン車とディーゼル車の販売終了を目指す方針を発表している。
英紙タイムズによると、英政府はモーターとガソリンあるいはディーゼルエンジンを組み合わせたハイブリッド車(HV)の販売も40年までに終了する方針。
デイリー・メール紙は、20年からは、最も大気汚染が深刻な道路で大気質の改善が見られない場合、地方自治体がディーゼル車に課税することが可能になると伝えた。
ロイターから

    
    

フォーミュラE、ニューヨークePrixで高齢(66歳)のドライバーが!

フォーミュラEの第9戦・第10戦は、7月15日~16日にニューヨークで開催される。
DSヴァージンレーシングは、ドライバーのホセ・マリア・ロペス選手が、WECニュルブルクリンクに参戦するため欠場。
そこで英国人のリザーブ・ドライバーのアレックス・リンが、サム・バードと共に出場することになった。
そこでチームは、新しいリザーブ・ドライバーが必要となった。
ニューヨーク大会のために、チームから正式に発表されたリザーブ・ドライバーとは?
なんと、ヴァージン・グループの創始者で会長である億万長者のリチャード・ブランソン氏(66歳)。
リチャード・ブランソン氏は、以前にもおバカな賭けをして航空会社のキャビン・アテンダントとして丸一日勤務する羽目になったそうです。
しかし、今回は真面目に取り組んでいるのかも?
リチャード・ブランソン

リチャード・ブランソン(66歳)
チームの状況について耳にし、こちらから私の助けがいらないかと訊いてみた。
ご存知の通り、私はずっと挑戦することを愛してきた。
アレックスとサムと私という気骨のある3人の英国人が、ニューヨークで戦う準備はもう出来ている。

    
    

アレックス・リンがフォーミュラEデビュー

DSヴァージン・レーシングのホセ-マリア・ロペスがWEC第4戦ニュルブルクリンクに参戦するため、欠場することになったフォーミュラE第9・10戦ニューヨークePrixにアレックス・リンを起用することを発表した。
アレックス・リン

アレックス・リン
自分のスケジュールにニューヨークePrixが組み込まれて、とても楽しみだ。
素晴らしいドライバーであるサム・バードと一緒にレースができるというのは、とても良いことだ。
彼はフォーミュラEに初参戦する僕にとっての最高の指導者になる。
シーズンも終盤に差し掛かり、明らかに周りのドライバーたちの方が速いだろう。
しかし、僕たちは万全の体制でレースに臨む準備ができている。

    
    

フォーミュラE+

FIA Formula E Championship
フォーミュラE+
フォーミュラE シーズン4

フォーミュラE+ ブログ内検索


テレビ朝日フォーミュラE放送予定
テレビ朝日フォーミュラE放送予定

オンラインライブ情報

ファンブースト(FanBoost)投票

FanBoost-Vote
ファンブースト(FanBoost)