忍者ブログ

フォーミュラE+

Home > フォーミュラE ニュース > メルセデス、フォーミュラEシーズン5参戦

メルセデス、フォーミュラEシーズン5参戦

シーズン5でメルセデスがフォーミュラEに参戦するというオプションを確保するということに、フォーミュラEとメルセデス-ベンツグランプリ(MGP)が合意した。
mercedes Benz

2018/19年シーズン(シーズン5)で、12チームのエントリーにすることをFIAに申請しているフォーミュラE選手権だが、この選択権の同意書によると、エントリーの1枠をメルセデスが選ぶことができるという。
またシーズン5では、現行の1ドライバーにつき2台のクルマというフォーマットから1台でレースを完走するフォーマットに変更になる予定だ。

現在10チームがフォーミュラEに参戦しているが、全てのチームがシーズン5でも参戦すると見込まれており、更なるOEMとのパートナーシップも予想される。

アレハンドロ・アガグ(フォーミュラE、CEO)
シーズン5の新しい2つのチームエントリー枠の1つをメルセデスのために予約したことを発表でき、嬉しく思います。
フォーミュラEは一般車へ還元されることになる、自動車メーカーのテストや技術開発のプラットホームになりたいと思っています。
メルセデスのようなブランドがシリーズに入ることになれば、この目標は大きく前進します。
フォーミュラEはルノー、シトロエンDS,アウディ、マヒンドラ、ジャガーといったメーカー、また新しい未来的なブランドであるファラデーフューチャー、ネクストEV、また主要コンポーネントメーカーのシェフラーやZFなど、多岐にわたったメーカーの連結になっています。
メルセデスの参入は更にこのラインナップの成長を示すものです。

トト・ヴォルフ(メルセデス-ベンツ モータースポーツ代表)
大変大きな興味を持ってずっとフォーミュラEの成長を見てきました。
現時点では、私たちはモータースポーツの未来にある全てのオプションを見ているところです。
そしてこのシリーズのシーズン5に参加できる機会が与えられたことを大変うれしく思います。
電気化は自動車産業の未来に大きな役割を果たすことになります。
レースは常に自動車業界の技術のR&Dのプラットホームとなってきました。
将来、フォーミュラEにとってこれは非常に意義のあるものになるでしょう。

    
    
PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

フォーミュラE+

FIA Formula E Championship
フォーミュラE+
フォーミュラE シーズン4

フォーミュラE+ ブログ内検索


テレビ朝日フォーミュラE放送予定
テレビ朝日フォーミュラE放送予定

オンラインライブ情報

ファンブースト(FanBoost)投票

FanBoost-Vote
ファンブースト(FanBoost)